不動産に投資の際の空室率

不動産投資と元本回収

不動産投資の賃料収入と空室率

不動産に投資をする場合には、多額の資金が必要となりますから、銀行などの金融機関から借り入れをすることが多くなります。ですから、この借入資金を返済するためにも、投資元本と借入利息分を回収できるだけの利益を上げるということが必要になってきます。こういう観点で考えていきますと、昨今は超低金利の金融環境となっていますから、借入利息分の負担が非常に少なくなっており、投資元本のみを回収できるだけのビジネス・モデルでも十分に成り立つ時代となってきていると言えます。それでは、不動産投資に向けたお金を何で回収することができるのかと言えば、不動産の賃料収入です。では、この賃料収入が増える要因は何かと言いますと、賃料の上昇と、賃料を払ってくれるテナントの数の増加です。それでは、賃料を払ってくれるテナントの数は何によって増加するのかと言いますと、空室率の低下です。すなわち、不動産に投資をして建てた建物の全ての部屋が埋まっていて、空室がゼロであれば、賃料に部屋数をかけたトータルとしての賃料収入が増えることになるわけです。また、このように空室率が低いということは、その建物の部屋に対する需要が供給を上回っているということですから、賃料自体も上昇しやすいと言えるわけです。

↑PAGE TOP

Menu