リスクの少ない不動産投資

不動産投資は節税効果の高い運用

不動産投資はローリスク

投資には株式や債券、不動産など様々な種類がありますが、不動産には出資しながら節税もできるというメリットがあります。株式や預金に比べて贈与税や相続税も安く、金利変動リスクやインフレリスクに強いので、初心者でも安心して始められる資産形成方法です。株式投資の場合は100万円単位で購入しても、配当金は年数万円ほどですが、不動産の賃貸経営なら毎月数10万円が不労所得で得られます。賃貸経営をしていく上での修繕費や減価償却費が節税できるのはもちろん、経営が赤字の場合は確定申告で赤字分を取り戻せるため、株式や債券とは違いリスクの低い投資方法です。経営がわずらわしい場合は管理会社に委託すれば手間も無く、管理会社への管理費用も減税対象になり、必要経費以外にも翌年の住民税や所得税が節税できます。不動産投資というと、従来はマンションなどの集合住宅を高額なローンを組んで購入し経営していく、というイメージでしたが、昨今の外国人観光客の増加に伴う民泊経営など、少額からでも出資が出来るようになりました。節税効果が高く初期費用が少額で始められ、リスクの少ない不動産投資は、現代の新しい資産形成方法として人気が高まっています。

↑PAGE TOP

Menu